:: clockmilk :: weblog ::

ガジェットとコンテンツとメモ帳
<< アドテックのBluetoothヘッドセット | main | ミクで東京は夜の七時 >>
けっこう虚を突かれた感じが心地よかったり
0
    90年代後半あたりで普通にヒットしたクラブ系といえば電気グルーヴのShangri-LaとかMondo GrossoのLifeとかを懐かしく思う次第ですが、前半まで遡るとピチカート・ファイヴの東京は夜の七時なんてのがあるわけで、これは93年ですかね。

    93年はクラブ系ではデトロイトテクノの全盛が過ぎた頃でしたっけ。それこそMassive AttackのBlue Linesが狂ったようにカッコよかった頃だし、その辺はさておき、まだバブルの余韻が強い時期でもあり、今の閉塞感も全然ないキラキラしてたような時代でしたね。
    まあもうなんというか完全に一昔前って感じで、懐かしい。

    んで時代はそこから15年下るわけですがニコ厨化しつつある自分はこんなものに行き当たったわけです。


    この選曲は正直脱帽です。
    やられたっっ、と素で思ってしまいました。
    アイドルを育てるゲームで、そっち方面とは全く関係がなさそうな、しかもちょっと古い曲。
    ミスマッチの妙ですよね、ほんと。

    ニコニコ動画はニートやオタクを惹き付けているだけ、というのもある種、直視したくないがゆえの頭ごなしの否定にも思えますが
    # 蔑視しているのではなく恐怖のために、ですね
    # この辺はさらっと流しておきます
    このクリップは直視させる力を持ちそうだなあ、とか思ったのでした。
    否定する分には歌がヘタとか幾らでも揚げ足取れそうですけど、声優さんなわけで、商品の性格上そうしているにすぎないことは明白ですし、オタクなサブカルが容易にマスプロダクトに届いちゃう怖さがある、というか。

    | clockmilk | 音楽 | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://diary.clockmilk.org/trackback/659164
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE