Tom Middleton : Lifetracks

MixiもMySpaceもFacebookもアカウント作っちゃうといったいどこに何を書けばいいかわからなくなるっていうか別に何も書かなくていいんじゃね?という墓穴を掘らないライフハックを実践してたわけでございますが、ここまで内容も頻度も薄い日記もどうかと思うので、やっぱり自省録的にも日記は書きましょう、うん。

。。。

Tom MiddletonのLifetracks。
コズミックでフューチャリスティックでファンキーでという音だったらこの人も第一人者、とか勝手に賞賛してますが、そんな人がLifetracksなんてタイトルで、過去10年分の仕事から特に本人が気に入ってるか人気があるかしたオリジナルの楽曲だけのアルバムを出したとしたら、人生に何か転機があったに違いない、とか勘繰ってしまいますね。

Big Chillから出てることもあってテックハウスから若干アンビエント寄りな味わいですが、彼の多作振りを思うに、まさに珠玉という表現がぴったりなのではないでしょうか。
MoonbathingとかMargheritaとかEnchantingとか腐るほど聴いたので改まって感想はないんですが、他の今まであまりちゃんと聴く機会のなかった曲たちは今更ですが新鮮。

ShinkansenとかOptimysticとか個人的にツボな曲はたくさんあるんですが、St Ives Bayってタイトルの曲はコーンウォールのことかなあ、15年位前に行ったことあるなあ、綺麗な土地だったなあとか、色々思い出してまた格別に印象に残ります。

ついでながら英国の国旗騒動の件で苺ましまろというアニメのアナ・コッポラがコーンウォール出身で云々とかあったけど、うは
wwwコッポラテライタリア系wwwwコーンウォールはアリエナスwwwとかちょっと思ったことまで思い出してしまったのでした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM