戦闘美少女の精神分析

斎藤環の「戦闘美少女の精神分析」読了したのでメモ。

ほとんどセクシュアリティってかファルスで説明するのはどうかと思わないではないけど、村上隆まで含めて非常によく現象を説明しているなあ、セカイ系はもとよりローゼンのドールズもハルヒの登場人物も彼の言うファリック・ガールだしなあ
# これに従うと長門の人気は強烈にわかりやすい
# 水銀燈だけはファリック・マザーなのが面白い
とか思ってたら、後書きと解説まで含めると大体自分の思ったところはフォローされてたんで、その意味では始点としてブレないだろうからこれから先に進むのには便利な本でありました。

特にアニメ・漫画という表現形式のハイコンテクスト性についての考察とナウシカを巫女的として取り上げているのは個人的には思うところありで、twitterに書いたセカイ系について持った最初の感想、
・セカイ系に悩む。悪く言えば中二病のヒドいやつかね?独善的。ナイーヴさに関する自己欺瞞。
・中立的にいえば矮小化された神話、神話のサブカル的な再構築、スーパーロボットの私小説化
・構成要素は日常と戦闘美少女と中二病ということかね。
・よく言えばパラレルワールドの神話の構築、サブカル的リアリズム、自己願望の投影
ととてもよくシンクロしている気がするので、っていうか自分の感想は少なくともこの方向で間違ってなさそう、ということでもう少し掘り下げて色々理解してみたいなあと思う次第です。

と同時に、少年を守る戦闘美少女、という類型にあって、戦闘美少女をファルス扱いしちゃうと、宗教でいうイニシエーションの意味合いからも色々考えられそうだなあとか思ったりもします。
その関連では、少佐を2回も少女のサイボーグに押し込んだ押井守は実はすんごいわかってんじゃないのかなあとかとも思えもします。

しかしセーラームーン以降に顕著だと思うんですが、複数の女性キャラが出ているものの方がより人気があるんじゃないかなあという自分自身の個人的推測については全く答えが得られてないので、この辺の分析をしているのを探したいところ。
最近流行ってるのはみんなそうじゃないですか。それはなぜ?みたいな単純な疑問なんですが。
となると結局は社会学的に物語構造とゲーム的リアリティについて論じているらしい東浩紀「動物化するポストモダン」は確実に必須なんでしょうかね。

その前に斎藤氏のいうところのアニメ・漫画のハイコンテクスト性について文学論的にはイタロ・カルヴィーノを読む必要あり、と判断。
それと、現実の再構築というところからすると、やはり神話・民話という最も古くシンプルな虚構に沿うことが想定されるような気がするので、神話はちゃんと読んでおかなきゃなあ、といつも通りの感想を持つのでありました。

金色夜叉

高橋源一郎の一連の明治文学ネタや山村基毅・内田春菊の『クマグスのミナカテラ』なんかのせいで、尾崎紅葉の『金色夜叉』を古本屋で見つけた時に思わず手にとってしまいました。

読み始めてみると・・・これが悔しいほどに面白いです。
いやまあ、なんというか、様々なエンタメが溢れかえっている当世に生きる我々にとってはベタすぎだし何かと都合よすぎって感じですが、とにかくなんかこうベーシックなハラハラ感というか、何でこんなに慣れ親しんだ単純な展開なのに楽しいんだ、というところです。TVのドラマを見るなら偶には趣向を変えてこういうクラシックな話を読んでみると相当楽しめること請合い。

結構長くて上・中・下・続・続々・新続という構成になってますが、誰でも知っている熱海の浜で貫一がお宮を足蹴にして今月今夜僕の涙で月を曇らす云々のシーンは「上」の最後のあくまで冒頭の一部に過ぎないもので、面白いのは「中」以降、「続」の超ベタベタなクライマックスまで一気、ですね。
# クライマックスのオチは言わぬが花(笑

幕末百話

今の職場は学生街にあるので古本屋が豊富で、先日も『清俗紀聞』と『今古奇観』を見つけたわけですが、その時ついでに買ってきた『幕末百話』という本を最近寝る前にちょこちょこ読んでいます。

ローゼンメイデン→清俗紀聞

ふと思い立って突然ローゼンメイデンでも読んでみようかという気になって、本屋に行ってみたんですけど、そこでなぜだか東洋文庫の清俗紀聞と今古奇観を見つけて欣喜雀躍して帰ってきてしまいました。
今古奇観はまあともかく、清俗紀聞はなんかすごく嬉しいんですが、日ごろ守貞謾稿とか耳嚢とか遊歴雑記初編とかを好んじゃってるせいですかね。

ヲタ気質とフェティシズムの間〜パトリック・ジュースキント『香水』

戦前のドイツ文学なら誰もが知識としてある程度の名前を挙げられるとは思いますが、戦後ドイツ文学となると現代文学を好んで読むかどうかでその辺にかなり差が出てくるような気もしますので、マイナーではないものも紹介していきたいと思います。

んで、Patrick Süskind(パトリック・ジュースキント、あるいはズースキントとも)のDas Parfam(邦題『香水』)をご紹介。
続きを読む >>

| 1/1PAGES |

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM